アイヌとの共生 願い込め「北加伊道」

留萌市から日本海沿岸を走る小平町の国道232号沿いの道の駅「おびら鰊番屋」には、この地を4回訪れ、歌を詠んだという武四郎の銅像が建つ。北海道博物館の学芸主幹、三浦泰之さん(43)は「武四郎が残した記録は地形や自然環境などのほか、耕作地や漁場の見立てまで多岐にわたる。まさに北海道開拓の礎を築いて ...

情報元 - 北海道150年:アイヌとの共生 願い込め「北加伊道」 - 毎日新聞

北海道150年:アイヌとの共生 願い込め「北加伊道」 - 毎日新聞
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク