“道産子”国鉄特急車の保存に協力を 北海道の愛好家団体が支援募る

183系スラントノーズ型が今年3月に全て引退した後に保存計画がなく、全車両が廃車、解体される予定であることに危機感を示した北海道観光資源研究会は、安平町と協力して開業を控えた「道の駅あびら」を保存場所として確保。目標金額に達した場合は183系スラントノーズ型の先頭車1両をJR北海道から譲り受け、 ...

情報元 - “道産子”国鉄特急車の保存に協力を

“道産子”国鉄特急車の保存に協力を
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク