カヌー小松選手「反省を」 薬物混入され陽性

昨年9月のカヌー、スプリント日本選手権で飲み物に禁止薬物を混入されてドーピング検査で陽性となり、その後暫定的な資格停止処分を解除された小松正治選手(25)=愛媛県協会=が10日、日本代表の合宿先である石川県小松市内で取材に応じ、混入した鈴木康大選手(32)=福島県協会=について「やってしまったこと ...

情報元 - 記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版

記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク