原発被害の福島県飯舘村、だれでも村民になれる「ふるさと住民票」開始

一方で、村内では道の駅や工場、介護施設、福祉施設などで、人手が不足している。 4月には、村内で認定こども園と小中学校が再開する。100人ほどの子どもたちが、こども園と小中学校に戻ってくる予定だ。ただ、福島市など避難先から学校に通ってくる子も多いという。放射能への不安が残る中で、それぞれにとって難しい ...

情報元 - 原発被害の福島県飯舘村、だれでも村民になれる「ふるさと住民票」開始 | BUSINESS INSIDER JAPAN

原発被害の福島県飯舘村、だれでも村民になれる「ふるさと住民票」開始 | BUSINESS INSIDER JAPAN
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク