温泉民間譲渡で三セク2社解散へ

市有温泉9施設の民間譲渡を進める秋田県横手市は、今年4月に民間業者に譲渡する計画の3施設の指定管理者である市第三セクター2社を、本年度いっぱいで解散させる方針を固めた。いずれも収益の柱である温泉運営から撤退することになるため。 2社は宿泊付きの「鶴ケ池荘」を管理する山内観光振興公社(石山洋治 ...

情報元 - 記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版

記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク