国交省が湯沢に分室 雄物川治水対策を推進

昨年7、8月の記録的大雨で雄物川が氾濫したことを受け、国土交通省東北地方整備局は「雄物川激甚災害対策特別緊急事業推進室」を設置、秋田県湯沢市の湯沢河川国道事務所で9日、設置式を行った。職員ら約50人が出席。関係自治体などと連携し堤防整備などの治水対策に取り組むことを確認した。設置は今月1 ...

情報元 - 記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版

記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク