男鹿市民吹奏楽団、30回目の演奏会 14日本番、練習に熱

30回目を迎える男鹿市民吹奏楽団の定期演奏会が14日、秋田県男鹿市民文化会館で開かれる。団員確保に苦労しながら「音楽の楽しさを感じてほしい」と活動を続け、今年で設立から37年目となった。メンバーは「多くの市民に足を運んでもらいたい」と話す。 同楽団は1982年、前団長で音楽監督を務める仙北屋昭弘 ...

情報元 - 記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版

記事が見つかりませんでした|秋田魁新報電子版
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク